FC2ブログ
イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALFA ROMEO 4C 恐怖の?OIL交換

ALFA ROMEO 4C 最近は良く入庫頂いております。。。。。
DSC_8139.jpg
この4Cはエンジンオイル交換ごとき?でもなかなか“シブトク“やってくれます。
DSC_8140.jpg
DSC_8141.jpg
オイル排出用のドレン位置がフレームや足回りの丁度良い位置?にある為、ドレンボルトを取った瞬間にオイルがフレームや足回りに掛かりと過熱されたオイルが飛び散るのです。。。
DSC_8143.jpg

更にオイルフィルターを外すにはパズルのように狭い空間に素手を入れて何とか外す職人技が必要です。
DSC_8158.jpg

更に更にこの作業をするには、頑強なアンダーパネルを2枚エンジンカバーを1枚取り外さないと作業が出来ないオプションンまで付いているのです。。。
DSC_8152.jpg
DSC_8154.jpg
DSC_8155.jpg

何ともサービスメカニックを喜ばせるオイル交換作業でした!。。。。
イタリア車 教祖!
スポンサーサイト

ABARTH 595 Competizione

やって来ましたABARTH595Competizioneの新車が!。。。

ヤッパリNewカーは良いですね。
カルロアバルトが創業してFIATに吸収合併されるまでが本当の意味でのABARTHと“かたくなに”思い抱いていた旧型人種にはどうもFIAT傘下でのNew ABARTHは受け入れがたい違和感があった一人ですが。。。。。。
DSC_8099.jpg
ヤッパリこれが現代のABARTHなのだと思わされた、今日このごろです(笑)
ABARTH500も既に4世代目に入り、洗練されてきて、その存在感が増しました。
DSC_8100.jpg
DSC_8101.jpg
DSC_8097.jpg
内燃機(エンジン)の最後のブランドとも言われているABARTHに相応しい風格も備わってきました。何よりも乗ってみればそのアバルト感が伝わってきます。
面白い!。。。しかも正真正銘の本物ABARTHヤッパリ車台の色合いはこのABARTHカラーがお似合いです、と言う訳で本社工場はABARTH500に、瞬く間に占領されてしまいました(笑)
DSC_8131.jpg
イタリア車 教祖

登山家の栗城史多に哀悼の意を!

large.jpg

登山家の栗城史多(くりき・のぶかず35歳)さんが21日、
エベレスト登頂を目指している途中で亡くなられました、謹んで哀悼の意を捧げます。 この悲報
は多くのメデアが速報で報じているので皆さんもご存じかと思います。その衝撃は大きく色々なご
意見や専門家なる方々の論評が多数寄せられていました。
全ての論評に目を通す事は不可能ですが、読んでいて心無い発言や山の事を知らない素人の
無謀な登山が招いた結果などと聞くに耐えない発言をしている方がいる事は余りにも悲しい事です。
21430328_1637432382955739_7955412898393968028_n.jpg
栗城さんは、2009年にエベレスト挑戦を始め7回の挑戦をしています。2012年の登頂時には両手
、足、鼻そして手の指が重度の凍傷になり、右手親指以外の両手9本の指の先を失う困難に直面
しましたが、諦めず今回の再挑戦を試みたのです。その挑戦をある人は指も無く真面に登山など
出来る訳がないと酷評していましたが、酷評している評論家自身はエベレスト挑戦なんて挑戦した
事がないんです。そんな人が評論するなんてして欲しくないと思います。
18485314_1515760528456259_9222335726818931960_n.jpg

ALFA ROMEO 155DTMのワークスドライバーだったナンニーニはF1ドライバーとして絶頂期に不幸
にしてヘリコプター事故で墜落し、奇跡的に助かりました、しかしF1パイロットとして、く大切な右腕を
ヘリコプターのローターで切断してしまい全てが終わったと考えましたが、再度奇跡起こり縫合手術
が成功し完全ではないが過酷なリハビリを経て何とかドライビングできる状態になったのです。しか
し当時のF1を最高の状態でドライビングする事は無理と判断しドライバーを諦めかけた時にALFA 
CORSEからの素晴らしいプレゼントがありました。それがシーケンシャルミッションでナンニーニの
為に開発されたのです。こうして再びレースに復帰してF1とは違うカテゴリーのDTMを戦う事がで
きたのは、どんな過酷な状況でも諦めなかった素晴らしい挑戦の夢だったのです。
エベレストとサーキットでは状況は違いますがどんな苦境にあっても諦めず自分の夢に向かう事
は素晴らしい共通の理念ではないでしょうか、たとえ志半ばで終わったとしても!。。。。。。
*********************************************************************
【 夢は叶える為にある!人類史上初の大冒険、夢というのは叶うと叶わないには関係なく、挑戦
するだけに意味がある。。。 】
友人の黒木さんが栗木さんの事を語った手記をFBに載せていらっしゃるのでリンクさせて頂きま
した。今回の結末に至るまでの過程が、ほんの一部ですが理解頂ければ亡くなった栗木さんの
思いが皆さんに伝わるのではないかと思います、是非一読頂ければと思っております!。。。。

黒木 安馬さん公式FB
https://www.facebook.com/kurikiyama/…
黒木 安馬公式FB

栗木 史多さん公式FB
https://www.facebook.com/kurikiyama/…

Terajima Seiichi イタリア車教組

2017年度/最終ラウンド頑張っています!。。


[続きを読む]

タイムマシーンのDMC-12出現!

Back to the Future ( バック・トゥ・ザ・フューチャー) https://www.youtube.com/watch?v=Psxktpxkc6o
1985年に大ヒットしたSF映画は誰もが一度は観たことの有る楽しい映画です。
IMG_3127.jpg
IMG_3126.jpg

この映画の主人公は何とタイムマシーンと化したデロリアンDMC-12でした。
このタイムマシーン車両が 生粋のアメ車と思っている方が多いのですが。。。実はイタリアとの混血なのです、それはデザインガ何とイタル社しかもジウジアローなのです。
IMG_3129.jpg
IMG_3130.jpg
IMG_3131.jpg
IMG_3133.jpg
IMG_3134.jpg

しかも生産台数は僅か8000台ほどしか作られず会社が倒産してしまい、映画ヒットの影響もあり、幻のカルトカーになってしまったのです。
そんな貴重なタイムマシーンのDMC-12が何とQuickの戸田工場に隣接する“イオンモール”に時空を超えて出現していたのです。
“びっくり”
と言うお話ですがホントはビアードパパのシュークリームが食べたいとメカニック達が言うので、それならお隣のイオンに入っているビアードパパのシュークルームを買いに行こうという事になって、店舗にお伺いしたら、ガガーン。。。。。デロリアンが鎮座ましまして、おりましたのです。とってもマニアックでした(笑)!。。。。

イタリア車 教祖



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。