イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベストカー PART-3 寺島 回顧録

歴史の証人PART-3

講談社から発刊されている自動車雑誌“ベストカーに私の車遍歴を3回に渡り取材して頂きました、本日発売の(5/10号)で3回目の最終章となります。第一回(4/10号)は幼少期から学生時代、第二回(4/26号)は青年期のエピソード、そして今回の第三回はQuickを創業してから現在に至る、モータースポーツ活動などを交えた車バカの回顧録です。
IMG_0001.jpg
IMG_0013.jpg
ベストカーは自動車雑誌の中で最大の発行部数を誇る雑誌です、全国のコンビにでも販売されているのでお手軽に見て頂けますので、お時間が許せば立ち読みしてみて頂ければ幸いです。。。。。きっと頭がエンジンで動いているこ事が、ご理解頂けると思います(笑)!
10)FA200エアロスバルストラトス
雑誌で使用した写真です、飛行機に凝っていた時代で所有機のエアロスバル(FA-200)と当時乗っていたLANCIA ストラトスを飛行場に進入させて撮影したワンショットです!

FaceBookは、教祖の個人名前(寺島 誠一)で登録しております(FaceBookは実在の人物で本名が原則です)検索はこの名前でお願いします。

Facebookのアドレスをお持ちの方は、教祖(寺島)にお友達申請をお願いします、待っております。
アクセス⇒ FaceBook 寺島 誠一

イタリア車 教祖



スポンサーサイト

ベストカー PART-2 寺島 回顧録

ベストカー クルマ界 歴史の証人 PART-2
講談社から出版されております自動車雑誌“ベストカー”3月25日に発売の4.26号に
前回掲載された“歴史の証人”のPART-2が連載されました。
Quick Tradaing代表である寺島が車やモータースポーツに関わったストーリーの回顧録です。前回は少年期から青年期に至るスタート編でした、今回はレース活動のスタートからQuick Tradaingを起業してイタリア車との関わり、そしてコンプリートカーの製作を始めるまでのストーリーです。

IMG_0001.jpg
IMG_0002.jpg

、本当はPART-2で終わらせて頂く予定でしたが、あれこれとエピソードを挿入していたらどんどんボリュームが増えてしまい、PART-3までとなりました。お時間がございます時にでも、コンビニで立ち読みでもして頂き、車バカ一代を笑ってやって下さい。
FaceBookは、教祖の個人名前(寺島 誠一)で登録しております(FaceBookは実在の人物で本名が原則です)検索はこの名前でお願いします。

Facebookのアドレスをお持ちの方は、教祖(寺島)にお友達申請をお願いします、待っております。
アクセス⇒ FaceBook 寺島 誠一

イタリア車 教祖





【RUSH ラッシュ】

【RUSH ラッシュ】

遅ればせながらRushをみました。
Rush-004.jpg

いやー中々良かったです。しかしニッキラウダがあのような性格だったり、育った環境だったり、何度かお話させて頂いているのに!自分が描い考えていた、お人柄と違っていました。ビックリと同時に新鮮な驚きでした。1990年代フェラーリのアドバイザーだった時代の生写真です、勿論、私、寺島が撮りました。

Rush-001.jpg
Rush-002.jpg
Rush-003.jpg
彼はビジネスにも優れた才能の持ち主で飛行機会社ラウダ航空を設立して自ら操縦桿を握っていた事も有名です。ラストシーンで一瞬お顔が出てきますが、相変わらず元気な感じでした!。。。

FaceBookは、教祖の個人名前(寺島 誠一)で登録しております(FaceBookは実在の人物で本名が原則です)検索はこの名前でお願いします。

アクセス⇒ FaceBook 寺島 誠一

イタリア車 教祖



自動車雑誌“ベストカー”

自動車雑誌“ベストカー”に証人喚問されました!

講談社より発売されている自動車雑誌“ベストカー”4月10日号(本日3月10日発売)に証人喚問されました?

ベストカー歴史の証人-1

諸先輩方を差し置いて、私ごときが登場するようなコーナーではないのですが!
日本の自動車界及びモータースポーツの勃興期に活躍された方々の体験談や人物像
を紹介されているコーナーで、タイトルも“クルマ界 歴史の証人”なのですが。。。
今まではニッサンやトヨタなどワークス活動の大御所の皆さんが当時では話せなかった
貴重な秘話を語っていらしゃったり、今だから話せる面白い、また大変感動的なお話をさ
れていらっしゃいました。
今回は企業の中で活躍された方々では無く純粋にプライベーターとしてのモーター
スポーツ活動をしてきた草の根レースの実態を証言して欲しいとの要望で、
恥ずかしながら登場させて頂きました。お時間がございます時にでも、目を通して
頂ければ幸いです。

ベストカー歴史の証人-3

イタリア車 教祖

懐かしい写真

懐かしい写真が出てきました!
まだ改修される前の富士スピードウエィで行ったスポーツ走行会の写真です。
ペースカーが先導して慣熟走行をしてからのオープン走行でした、その時のペースカーがポルシェ911ガルトスペシャルでドライビングはこの時レーシングアドバイザーをお引受頂いていた、津々見 友彦さんでした。
今考えても面白く楽しい時代でしたね、ポルシェ、アストン、フェラーリ、ALFA、FIAT、そしてABARTHやマトラシムカ(私です)も走ってしまうのですから
ポルシェ博物館をやっていらしゃった松田さんは550スパイダーで、ギャラリーアバルトの小坂さんは131ABARTHの新車で雨の中を走っちゃったのですから。今考えるとチト勿体なかった気もしますね(笑)!。。。。。

IMG_0001.jpg

IMG_0002.jpg

IMG_0003.jpg

IMG_0004.jpg

IMG_0005.jpg

IMG_0006.jpg

IMG_0008.jpg

IMG_0009.jpg

IMG_0010.jpg

IMG_0016.jpg

IMG_0017.jpg

IMG_0018.jpg

IMG_0019.jpg

IMG_0020.jpg




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。