FC2ブログ
イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



Riley(ライレー)社RMD復活作戦

今年の初めに友人の紹介で引き受けた1950年製の
イギリスRiley(ライレー)社「RMDドロップヘッドクーペ」復活
作戦は車両の劣化が酷く復活は不可能と結論ずけた
のですが!。。。

DSC_9541.jpg
DSC_9542.jpg

オーナーの強い思い入れに共感して、取り合えず動力
系が何とか作動出来るようであれば、作業をに進める
方向で再挑戦させて頂いた結果、Temporary状態では
あるが、エンジンの再稼働に成功しました!
70年前のエンジンに再び火が入り鼓動を開始しました。

DSC_9543.jpg
DSC_9544.jpg
DSC_9546.jpg

このエンジン始動は感動的でした。生産国やメーカーを
問わず人間が作りだした文化の一旦に触れさせて頂い
たような素晴らしい瞬間でした。。。。まだ先はどうなるか
りませんが、とりあえず良かったです!。。。
動画はFBで⇒
https://www.facebook.com/seiichi.terajima
イタリア車 教祖!
スポンサーサイト




“THE銀座RUN”

長い連休が終わって仕事モードに切り替えが大変です!

いつもより早めに連休に突入して混雑する前に脱出して混む前に戻る計画はことごとく失敗で大変な状況に苦戦しました。何とか間に合って連休最終日5月6日都内で行われた“THE銀座RUN”にスタッフメンバー役?で参加させて頂きました。

DSC_9417.jpg
東京プリンスホテルをスタートして、観光客が溢れている銀座通り/千鳥ヶ淵/迎賓館前/明治神宮外苑/表参道/根津美術館前/国立美新術館前/東京ミッドタウン/国会議事堂前/銀座4丁目/築地市場/汐留を通過してスタート地点の東京プリンスホテルに戻るコースで、ラリー形式のコマ図と走行距離のトリップメーターを頼りに走行する楽しいイベントラリーです。
DSC_9408.jpg
DSC_9409.jpg
DSC_9413.jpg
DSC_9416.jpg
IMG_6729.jpg

当日は雑誌社やラジオ/テレビの取材もあって令和最初の都内スペシャルイベントとして楽しい一日を参加者皆さんそしてスタッフ共々満喫させて頂きました!。。。
IMG_6730.jpg

イタリア車 教祖

ライレーRMDがやって来た!

2月に入って最初の日曜日、春の陽気のように暖かでした。
今日は昨年からリセット作業を打ち合わせさせて頂いている
車両を2日がかりで広島まで引取りに走った積載車が無事
に戻ってきました、大変お疲れ様でした!。。。。
DSC_8861.jpg
何とその車は【ライレー】第二次世界大戦が終結して間もな
い1945年に発表されたライレー「RM」そのシリーズはRMA
/RMB/RMC/RMD/RMEそしてシリーズ最後のRMFと6
タイプを世に送り出しています。
DSC_8851.jpg

ライレーは1890年創業の由緒あるメーカーでその後、経営
統合などを経て最終的にはBMCへ移行しブリテッシュ、
レイランドとなりました。現在は皆さんご存知のBMWの傘下
となってミニなどを製造している自動車メーカーです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC

DSC_8816.jpg
DSC_8822.jpg

今回のライレーはRMDのドロップヘッドクーペです。しかも
オープンカーなのですね。。。資料によると1949年~1951年
の生産で僅か500台しか生産されなかった超レアで貴重な車
です。
DSC_8835.jpg
DSC_8832.jpg
DSC_8826.jpg
車両は先代のおじい様が乗っていらっしゃったものをお父様が
引き継ぎ現在のオーナーが所有されていらっしゃる親子3世代
に渡る素敵なストーリーがあるのですね。
DSC_8839.jpg
DSC_8879.jpg
でも車両のコンデションは悪く不動になって20年~25年経って
います、各部には腐食と経年劣化は進み果たしてリセットがで
きるのか?これから細部にわたって良く調査して結論を出させ
て頂こうと考えておりますが。。。
Riley-RMD-front.jpg
Riley_Drophead_Coupe.jpg
こうしてフロントグリルを覗き込んでいると70年近く前の自動車
に携わった人達の鼓動が伝わってきます。国や文化などを超
えた自動車文化って素晴らしく素敵ですね!。。。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%BBRM

イタリア車 教祖<

LANCIA DELTA の雑誌取材

ファッション雑誌の取材です!

夏休みだ何だで、お仕事サボって逃亡していたりしてたのでFBにリンクUPするのが遅くなって
しまったのですが。。。雑誌の取材をして頂きました。
LANCIA DELTAの特集です!
ZZIMG_0002.jpg
本来この手のマニアックな取材は本家の自動車関連雑誌が取材して頂いて、ごく当たり前で
自然な流れなのですが、最近はチョット傾向が違ってきています、ファッション系雑誌は度か
何取材を受けておりますが。何と今回もファッション系の雑誌なのです。しかもLANCIA
 DELTAの開発コンセプトを時系列的に紹介するなどかなり、突っ込んだ内容でビックリです。
ZZIMG_0003.jpg
ZZIMG_0004.jpg

現在の生産車がEVやハイブリッドが当たり前の時代に突入して遂に内燃機の車はファッション
化の一部になっていくのでしょうか?
ZZIMG_0005.jpg
寺島が街中を騒音を出しながら走り回っていた時代には、乗る車のTPOに合わせる服装が
必要不可欠な状況でした。車も今と比べれば、快適性が良くない時代です、エアコン(クーラー)
なんて無縁の車もありました。オープンカーでは幌なんてたいして役に立たず、雨が降って
くれば雨漏れで室内は濡れてしまうとか。。。
でも今の車は完成し過ぎて?どんな状況の変化にも優等生です。
私のように頭が悪い奴は優等生が嫌いと昔から決まっていました
、だからあえて不良車が好きなのかもしれません。
そんな訳で不良な車の不良なファッション談義で編集者の皆さんと盛り上がってしまいました(笑)

イタリア車 教祖

登場“おぎやはぎの愛車遍歴”

遂に登場“おぎやはぎの愛車遍歴”

header_logo.png


遂に“愛車遍歴”で有名なテレビ番組“おぎやはぎの愛車遍歴”にQuickが制作した究極のコンプリートカー 
”LANCIA DELTA CORSE9”が登場します。

top_01.jpg
top_02[1]

そのオーナーはこれがまた凄い、日本の音楽シーンを牽引し続けるロックバンドGLAYのギタリスト・
HISASHIさんなのです。
top.jpg

”BS日テレ”にて、今月(7月)22日(土曜日)の午後PM10:00からの放送です、
是非ご覧いただきますようお願い致します。
Quickが20年前に丹精を込めて生産した”LANCIA DELTA CORSE9”を今も、
こよなく愛して乗り続けて頂いている事は、我々スタッフ一同嬉しい限りです、
これからも末永く可愛がって頂きたいと思っております。

追伸:7月24日 オンエアーされました!
下記アドレスでインターネットでご覧いただけます

http://cu.ntv.co.jp/aisyahenreki_20160723/

QuickTrading