イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



いつもの食事会!

2011年3月11日“東日本大震災”が起って何か、日本中が元気の無い状態に陥ってしまった感じに思えてしかたなかったのです。

知り合いの小型飛行機も仙台空港で被災して津波に流されてしまったり、多くの友人たちが大変な状況に陥ってしまいました。

Tunami-02

また、懸命の復旧作業に従事されている原発関係の方々が、骨身を削って頑張って頂いているにも関わらず、一向に良い方向での解決作が見えてこない原発の現状があり、誰もが日本の将来に対して不安や心配を抱いています。
そんな状況の中で、我々の抱える趣味性の強い自動車マーケットはどんな状況になっていくのか!!ただじっと状況の推移を見守る以外に出来うるすべもありませんでした。

震災があって直ぐに仙台で営業している知人のショップ “PADOCK PASS” に連絡を入れてみたら、電話もメールも通じず“これは大変な事になってしまった“そう思いました。

Tumani-03.jpg
そんな厳しい状況の中3日間を過ぎた頃、突然の連絡が、これはもう大変な状況でどうにもならない事のお話かと思い、心の動揺を抑えて電話に出てみると、疲れてはいますが、元気ないつもの声が聞こえてきました。
良かった!そう思いながら現地の状況を聞きました。
想像を絶する地震と津波だった事は、話の過程で顕著に伝わってきました。
幸い店舗は倒壊など免れて、厳しい状況ではあるが営業再開が可能だと聞いて、ホットしました。

実はこのショップ“PADOCK PASS”のオーナーは彼がこの仕事をする以前に趣味で乗っていたFIAT X1/9のオーナーだった頃に仙台からわざわざ東京まで通って頂いたQUICKの常連ユーザーだったのです。
当時は若かった!奥様?と二人仲良くX1/9に乗って長距離ドライブを楽しみながら車のメンテナンスやチューニングなどを施工しに来てくれていたのです。

1970年代Quickがお客様と一体でABARTHが好きでチューニングしたX1/9を中心としたオーナーズクラブを結成していました。当時のメンバーのアルバムの中に写っていた愛車とご本人が!

DSC_1945.jpg
DSC_1947.jpg
DSC_1949.jpg
DSC_1950.jpg
DSC_1951.jpg
DSC_1952.jpg
DSC_1954.jpg
DSC_1955.jpg
DSC_1956.jpg

まだまだ数多くのユーザーが自慢の車と一緒にカメラの前に立って頂きました、あれから30年以上の時間が過ぎ去りました、Quickにとってもそれぞれのユザーにとっても青春の1ページ本当に懐かしく貴重ないアルバムです。

そんな彼が、昨年もさすがにX1/9ではなかったのですが、ピカピカのメルセデスで遊びにきてくれたばかりだったで、、本当に今回の震災は衝撃でした。

そして更にその仙台からLANCIA DELTAのリセット作業を依頼されているY氏にもお電話をいれましたが、震災後3日間は、やはり不通でした!
何度かお電話しているうちに、着信履歴を見て、ヤット携帯電話が掛かってきました!!!

DSC_0714.jpg
DSC_0715.jpg

仙台市内で病院をなさっていらっしゃるドクターなのですが、本当に大変だったようです。
きっとLANCIA DELTAのリセット作業は中止かな?そのお断りのご連絡か
と思いながらお電話に出てみると!!
開口一番、“私のDELTAは無事でしょうか”?
勿論無事です、何も問題なく、震災による被害は皆無ですとお答えすると、ホットされて。次に言われた言葉が最高に嬉しかったのです。
“お預けしているDELTAは本当に運が良い車です、こんな凄い震災がある事を予測?して安全な東京に疎開していたんですから”こんなラッキーな車を生涯手放す訳にはいかないです、自分の宝物だと思って大事にするので、リセット作業は完璧に進めて下さい、そう仰って頂きました。
震災でお仕事の病院もダメージを受けているにも関わらずDELTAに対する愛情は本当に素晴らしいと感激致しました。

そんなやりとりをしながら、慌しく震災から一月が過ぎ、ガソリンの問題や停電の状況がやっと改善されて、いつものメンバーたちが、ボチボチと動きだしてやっといつもの状態になってきたかなーと!!!やっと平常心を取り戻しつつ、あっという2ヶ月間でした。

そんな過酷な日々の5月も終わろうとしている先日、いつもの友人たちと食事をしながら、楽しく過ごす定例の食事会に参加させて頂きました。
今回はいつもの白金にあるレストラン“おざわ”さんで美味しいディナーを頂いてきました。

あいにくの雨でしたがレストランは、予約の方々で満席状態、我々のテーブルは人数が多いせもあり、定例の場所に特等席仕様となっていました。
いつものように、式場さんからご提供頂いたワインで乾杯からスタートです、あんな凄い震災があって、このディナーがいつもの皆さんと頂ける事がどんなに素晴らしい事か感謝しながら、式場さんの奥様(欧陽 菲菲) さんが美声で“乾杯”お食事のスタート!!
今日は美味しい、お魚料理を頂きました。

そして本当にお久しぶりにご一緒させて頂く“兼高かおる”さん
image.jpg
Kanataka-03.jpg
Kanetaka-01.jpg

、そして森繁 久彌さんファミリーもパリから一時帰国されたタイミングで、今回のお食事会にいらっしゃいました。

丁度、お席の関係で教祖の正面が式場さん右席が前ポルシェクラブ元代表の小林さん、そして左席に兼高かおるさんがいらっしゃったのです。

DSC00200.jpg
兼高かおるさんは、数多くの皆さんが知っていらっしゃるように、1959年から1990年までTBS系列で放映された長寿番組「兼高かおる世界の旅」のレポーター、そしてナレーター、を務めた方です。
それこそ、今のようにまだ、海外旅行が一般的ではなかった時代に、毎週放映されるこの番組を心待ちにしていたファンも数多く、テレビから写し出される映像を食い入るように見て、いつかは自分も海外旅行をするんだと、海の向こうの異国に思いを馳せたものです。

移距離にして地球180周分、訪れた国は150か国以上、1年の大半を海外取材に費やしたという兼高さんは、内緒で現在82歳になられますが、、、本当にお元気で、パワフルです。旅への思や、旅を通じて見えてきた世界観には、実際の目で見てこられた真実の迫力が感じられます。

今回起った震災のような大きな出来事も含め、これからの若い世代に伝えておきたいことなどについて仰ったお言葉は、まさに生きる勇気を与えて頂いた気がします。

身近でお会いできて色々なお話をさせて頂ける事は、いつもながら本当に幸せ者だと思っております、そして何よりも元気パワーを注入してもられるんです。
教祖は、いつもはサソリの毒を各所に撒き散らし、事あるたびにサソリの毒を皆さんに注入しているのですが!!兼高さんとお会いすると逆に体内の毒が中和されて、無害になってしまいます。そんな素敵で天使のようなレディーです。

教祖の右サイドでフェラーリがどうしたこうしたポルシェの何たらが、云々、左サイドは
後光がさす、天使様のありがとお言葉が、首が、右、左。右、右、左とまるで時計の振り子のようにチクタクチクタク!!!
あーーーレース中で他車の挙動を捕らえて首を左右に動かすより大変でした。
まるで12時間耐久レースのような走り、いや話でした!!!

美味しいお食事を頂いて、久々の元気な姿を確認しあい楽しい食事会が終了して、大雨の通りを傘もささずに走って車に乗り込み!!!エンジンに火を入れた瞬間、この平和で幸せな日々がずーと続く事を祈らずにはいられませんでした。
今回の震災で被災された皆様には心からお見舞い申しあげますと同時に一日も早い復興と日本が元気を取り戻す事を心からお祈り申しあげております。

イタリア車 教祖


スポンサーサイト