イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



最新EV車”ステラ モデルS試乗してきました”

東京南青山にある“ステラモーターズ“にお邪魔してきました。

今回、ステラモータースの主力車種になった“MODEL S”の試乗テストドライブをさせて頂くチャンスを頂、青山のショールームに、お伺い致しました。

DSC_8918.jpg
ご用意いただいたモデルSシリーズはタイプが3種類あり下位からTIPO-60 TIPO-80 TIOP-P85D の仕様となり今回は最上級のTIOP-P85Dをテストドライブさせて頂きました。
DSC_8926.jpg
DSC_8925.jpg
DSC_8924.jpg

外見デザインはフェラーリやランボルギ-ニのような派手さは無くどちらかと言えばマセラッティーのクアトロポルテのような大人の高級セダン的印象をもちました。
DSC_8921.jpg
DSC_8923.jpg

職業柄どうしてもメカニカルな部分に視線がいってしまいます。
タイヤはミシュランスポーツでホイルはオプションながら21インチでした。ちなみに標準は19インチだそうです。ショックはビルシュイタイン製のエアサス車高調整機能付きです。
ブレーキは前後ともブレンボですリアブレーキはサイドブレーキ機能を別のキャリパーを装着させ通常のブレーキシステムとはセパレートされていました。

室内は今までの内燃機関の車両とは一線を引いて未来志向のコンセプトに溢れる仕様でとても楽しく、機能的でした、、、、但しコンピュターを容易に使いこなせる方は何の問題も無く溶け込めそうですが、アナログ中心で車と対峙してきた方は中々難関な部分もありそうです。
内装の仕様はいたってシンプルで合理的に簡素化された仕様でした、イタリア車のデザイン重視の官能的な室内を好む方には、好き嫌いの好みは分かれる所でしょうか?

DSC_8913.jpg
DSC_8914.jpg
DSC_8915.jpg

そして、いよいよ走行テスト、、、0kmからのスロースタートは実にスムーズで流石モーター動力です、通常速度の40~60km位での走行は実に乗りやすくアクセル回路の開閉にも抵抗感がなく良かったと思えます。
そしてフル加速をした時の応答性、加速感は素晴らしいの一言でしょう、これはエンジン動力ではどうしてもかなわないレスポンスです。
走行途中でエアコンを入れてみたりオーディオの音質の確認したインターネットに繋いで情報得たり、とにかくゲーム感覚でドライビングを楽しむ、全く新しいコンセプトのEVと思います。
21世紀も既に15年近く経過しました、そろそろ内燃機に変わる次世代の動力が中心になる時代が直ぐそこまで来た感じでした。
とても楽しくテストドライブさせて頂きました、色々ご案内頂きましたテスラー社のアドバイザーでいらっしゃる坂本様、ありがとうございました。次回更に長期テストなどの機会をいただけるなら、本格的な走行フーリングテストなどさせて頂きたいなと勝手に思っております、宜しくお願い致します。
DSC_8928.jpg
DSC_8929.jpg
PS:最後に、、、今回お世話になった坂本さんがそっと教えてくれた事が、、、あまり皆様にはお伝えしておりませんが、将来の自動運転システムと連動する事を前提としたGPS機能が搭載されているので、特別な事をしなくても、専用のアプリをダウンロードすればiフォンなどで車両の居場所が瞬時にチェックできる機能が搭載されているそうです、さあ、貴方は将来のの高機能車両をどう立ち向かいますか?。。。。。私はヤッパリ、、、アナログ車がいいかなーー?。。。。。

イタリア車 教祖
スポンサーサイト