FC2ブログ
イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



レストレーションのお話!。。。

危険な物は怪しい魅力があります!

【第一章】
しばらく封印していた、オーディオにまた手を出してしまった!。。。。古いスピーカーを手入れして往年の音を聴いてみたくなってたのがきっかけなのですが。。。。いやはや周囲を巻き込んで大変な騒ぎになっております。
車もオーディオもヴィンテージ物は大変です、余りに過ぎると、スピーカーを背負って家を出て行けと家族から言われそうです?違う言われています!。。。。
初販は1945年その後世界中のシアターサウンド(映画劇場の音響)に君臨し続けたALTEC(アルテック)と言うアメリカの音響メーカーが生産した、ただのスピーカーです。
私が使用しているのは最後期型で1980年代に生産された製品ですが、既に30年以上も前の物になります。ヴィンテージの車両と同じ運命で、メーカーは既に他社に吸収合併され当時のメンテナンスや部品の供給などは、望むべくもありません。しかしながら一部のマニアからは絶大な支持があり、現在でも多くの熱狂的な支持ファンがいるのですが。実働は結構大変です。そこがまた良いのですが、、、完全に変態車?と同じです(笑)
まず重たい100kg近い重量があるBOX本体のレストアから。

DSC_3831.jpg
DSC_3830.jpg
DSC_3832.jpg


第一の犠牲者はなんと、技術では日本で5本の指に入るであろう、優秀な板金修理工場である、“わたびき”さんでした。(激笑)永年に使用で経年劣化したボディー(BOX)を新車当時の輝きを取り戻す為にオールペイント(塗装)を施工して頂きました。。。フェラーリやアストンなどの名車がメンテ中でしたが!おおよそ場違いなスピーカーBOXがデーンと、、、相当嫌がっていたかな(笑)
でも無理やりお願いしました。続く。。。。。

イタリア車 教祖
スポンサーサイト