FC2ブログ
イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ABARTH124SP

噂でしかなかったABARTH 124スパイダーが遂にジュネーブ・モーターショー 2016で発表された。
05-fiat-abarth-124-spider-rally-geneva-1-1.jpg
01-fiat-abarth-124-spider-rally-geneva-1-1.jpg
02-fiat-abarth-124-spider-rally-geneva-1-1.jpg


この NEW124SP
のベースになる車両は、マツダ車のプラットフォームを基に開発されたフィアットの124スパイダーだが、ABARTH仕様となれば全くの別物となる。
まず動力系統は通常のスパイダーが1.4リッター直列4気筒ターボエンジンは、最高出力は160ps最大トルク25.4kgmというスペックから大幅なチューニングが施され、最大トルクは変わらないものの、最高出力はは170psにまで引き上げられた。また、トランスミッションは6速マニュアルまたはパドルシフト付きオートマチックから選択でき、0-100km/h加速6.8秒、最高速度は230km/hに達する高性能を叩き出している。
勿論肝心な足回りは大幅な変更が施され、ブレーキシステムは、言わずと知れたブレンボ製、ショックアブソーバーはビルシュタインが開発した特別製ダンパー、ホイールは17インチ・ホイールを標準装備とし、排気系などの魅せる聞かせる部分のエキゾーストマフラーはレコルト・モンツァのマフラーだ。そして極め付けは機械式リミテッド・スリップ・ディファレンシャルを標準装備した事です。嬉しいことに、この電子制御デバイスはドライバーの好みでOFFにすることもできるという凄技が搭載されています。
エクステリアは、ABARTH124専用フロント・バンパーが与えられインテークを拡大しクーリングに配慮したデザインとなっています。ヘッドライトは最新の技術であるLEDヘッドライトを装着させ夜間の走破性を向上させている。
ボディーのカラーリングは、かつてのアバルトがデザインしてようにボンネットやトランクリッドをマット・ブラックにした、レーシング・アンチグレア・キットや、インテリアの変更も可能な、レーシング・アルカンターラ・キットが用意され。ボディーカラーは全5色が設定される予定で(チュリニ 1975 ホワイト)(「コスタ・ブラバ 1972 レッド」(イゾラ・デルバ 1974 ブルー)(ポルトガル 1974 グレー)(サンマリノ 1972 ブラック)となるそうです。
一番気になる発売時期ですが意外と早く、欧州では事にの秋ごろ9月に発売予定をしていて、価格は4万ユーロ(約495万円)からとプレス発表されています。日本にも本年度(2016年)内に導入される予定が決定しているようです、、、たぶん?期待してよいそうです。
イタリア車 教祖

スポンサーサイト