イタ車教祖の言いたい放題!
QUICK TRADINGのボス、寺島の日記です。

プロフィール

イタ車教祖

Author:イタ車教祖



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ALFA ROMEO4Cの生産終了か?

2013年のジュネーブショーで正式で発表され、同年9月からは発売され日本では2014年5月に
発売となった。また2015年11月にはオープントップのスパイダーも追加され更なる販売の進展
が期待されていた4Cだが発売から僅か2年ほどで生産中止を決めているとの噂が流れてきた!
元々この4Cが担う意味は長期に渡り途絶えていた対米輸出の再開に伴う話題性作りでの
フラッグシップモデルであった為、製造コストに合わない価格設定(¥1000万前後)で積極的
に販売台数を伸ばす事は考えていなかった。製造にもカーボンモノコックと各部の構成機材
との接合には熟練した作業人材が必要であり、通常の流れ作業のような組立作業は出来な
い為大きなコストアップの原因でもあり早々の生産中止を決めたようだ。
IMG_1695.jpg
4Cの後継モデルは通常のモノコックボディー構成である6Cを考えているようで早ければ
2018年あたりに投入になるのではないかと考えられるが詳細は不明です。
どちらにせよ”4C”は幻のALFAになる事は間違い無いようです
まだ手に入れる最後のチャンスは少しだけ残っています!。。。。
Alfa-Romeo-6C-Rendering_01.jpg
Alfa-Romeo-6C-Rendering_02.jpg

イタリア車 教組

LANCIA DELTA の雑誌取材

ファッション雑誌の取材です!

夏休みだ何だで、お仕事サボって逃亡していたりしてたのでFBにリンクUPするのが遅くなって
しまったのですが。。。雑誌の取材をして頂きました。
LANCIA DELTAの特集です!
ZZIMG_0002.jpg
本来この手のマニアックな取材は本家の自動車関連雑誌が取材して頂いて、ごく当たり前で
自然な流れなのですが、最近はチョット傾向が違ってきています、ファッション系雑誌は度か
何取材を受けておりますが。何と今回もファッション系の雑誌なのです。しかもLANCIA
 DELTAの開発コンセプトを時系列的に紹介するなどかなり、突っ込んだ内容でビックリです。
ZZIMG_0003.jpg
ZZIMG_0004.jpg

現在の生産車がEVやハイブリッドが当たり前の時代に突入して遂に内燃機の車はファッション
化の一部になっていくのでしょうか?
ZZIMG_0005.jpg
寺島が街中を騒音を出しながら走り回っていた時代には、乗る車のTPOに合わせる服装が
必要不可欠な状況でした。車も今と比べれば、快適性が良くない時代です、エアコン(クーラー)
なんて無縁の車もありました。オープンカーでは幌なんてたいして役に立たず、雨が降って
くれば雨漏れで室内は濡れてしまうとか。。。
でも今の車は完成し過ぎて?どんな状況の変化にも優等生です。
私のように頭が悪い奴は優等生が嫌いと昔から決まっていました
、だからあえて不良車が好きなのかもしれません。
そんな訳で不良な車の不良なファッション談義で編集者の皆さんと盛り上がってしまいました(笑)

イタリア車 教祖

【甦れLANCIA DELTA インテグラーレ】

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービル)がいよいよLANCIA DELTAの復活を検討
しているとの未確認情報が入ってきました!

WRC 世界選手権ラリーで前人未踏の通算46勝、WRC6連覇の偉業を達成した、ランチア
デルタ インテグラーレをもう一度リニューアルして販売しようとしているらしい。
現在LANCIAは、販売が縮小している状況を何とか再構築して再びFCAの主力ブランドに
するか、クライスラーに実質衣替えするか微妙な判断をしていましたが、我々LANCIAファン
にとって良い方向性の結論に達したようです。

Nwe lanciadeltaintegrale-20161024

日本でのLANCIA ブランドはスーパーカーブーム世代の「ストラトス」からはじまり
「DELTAインテグラーレ」や「DELTAS4」など、最強マシーンが多数ある名門として知られて
います。
FCAは「LANCIA」復活の足がかりとしてのフラッグシップカーに「DELTA インテグラーレ」
の現代版を考えているようです。
ただ、LANCIAを取り巻く環境はいぜん厳しい状況にある事は変わりなく、フラッグシップ
モデルの「DELTAインテグラーレ」で復活させた後に続く新型モデルをいかに成功させて
いくかが今回のキーポイントのようです。
色々問題が山積しているのですが、ぜひ我らの「DELTA インテグレーレ」の復活を望みます。

イタリア車 教祖



登場“おぎやはぎの愛車遍歴”

遂に登場“おぎやはぎの愛車遍歴”

header_logo.png


遂に“愛車遍歴”で有名なテレビ番組“おぎやはぎの愛車遍歴”にQuickが制作した究極のコンプリートカー 
”LANCIA DELTA CORSE9”が登場します。

top_01.jpg
top_02[1]

そのオーナーはこれがまた凄い、日本の音楽シーンを牽引し続けるロックバンドGLAYのギタリスト・
HISASHIさんなのです。
top.jpg

”BS日テレ”にて、今月(7月)22日(土曜日)の午後PM10:00からの放送です、
是非ご覧いただきますようお願い致します。
Quickが20年前に丹精を込めて生産した”LANCIA DELTA CORSE9”を今も、
こよなく愛して乗り続けて頂いている事は、我々スタッフ一同嬉しい限りです、
これからも末永く可愛がって頂きたいと思っております。

追伸:7月24日 オンエアーされました!
下記アドレスでインターネットでご覧いただけます

http://cu.ntv.co.jp/aisyahenreki_20160723/

QuickTrading 


LANCIA DELTA MARTINI 5 リセット!

希少なLANCIA DELTA MARTINI 5 リセット作業開始しました!
今回はフルリセットなので、ボディーは生産ラインでの組立と同様にドンガラの状態からスタートします。
完成の道のりは遠い先、長期戦になります!とりあえず水洗い。外側、内側、エンジンルーム、トランクルーム
すべて超張力洗浄剤でジャバジャバ洗って長年の汚れ埃など洗い流します。
13346633_1193295500689581_642522356102982066_n[1]
13315555_1193295564022908_7200937147658157523_n[1]

DSC_5546.jpg
遂に何もなくなりました!この状態で徹底的に洗浄をします。
DSC_5535.jpg
DSC_5537.jpg
DSC_5539.jpg
DSC_5541.jpg
DSC_5533.jpg

そして乾燥させて、板金工場へボディーの修復をお願いします。
それにしても大変な作業なのです、最後は配線もすべて取り外しします。この配線が1本でも断線したり、
訳が分なったらもう車として機能しません。
ここまで分解できる事は、我々プロのメンテナンス工場でも、相当自身が無いと怖くてできません!。。。。。
こんな作業が延々続きます。。。。。。。
リセット作業は忍耐と努力プラス技術力です、メカニックは日々奮闘しております!。。。。

.Quick Trading
イタリア車 教祖




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。